ブラック企業は社員にコワーキングスペースを与えろ

以前、当ブログでもご紹介したことがあるコワーキングスペースですが、読者の方に思った以上に好評なので再度ブログでまとめます。

以前のブログはこちらです!
会社に悪用されないために在宅勤務制度と就業規則を理解しておこう

そもそも企業におけるコワーキングスペースとは、社外に事務所をおくサテライト的な意味合いがあります。
サテライトと言うのは衛星という意味です。

その言葉のとおり、営業中の社員がわざわざ会社に戻るのが大変だったりする場合に、交通の便の良い社外で自由に事務所が使えたら便利ですよね?
それがコワーキングスペースです。

そういう事情もあり、共有スペースには全くの他人がいたりします。
これがまた良い刺激になるんです。
なので個人で利用されている方も多くいます!

今回は気になるコワーキングスペースをご紹介します。

コワーキングスペースとは?

一般的にオフィスを借りる場合は敷金や、事務用品、また机や椅子、パソコンやプリンターなどありとあらゆる事務設備が必要となります。
もちろん事務作業を会社で済ませればいいのですが、自分の事務所を持たないフリーランスや、営業エリアで事務所があれば便利な会社員にとっては、必要とする場所に事務所があればとても便利になります。

コワーキングスペースとはそういったユーザーのために、個室の事務所や共有スペースの会議室などを提供するサービスです。
当然インターネットなどの通信設備も用意されています。
もちろんコワーキングスペースを利用するのは有料ですが、わざわざ事務所を開設するよりもコストも大幅に安く済みます。

『いいオフィス』は全国のオフィス使い放題

そんなコワーキングスペースの中で特に注目を浴びているのが『いいオフィス』です。

特徴としては、面倒な手続きも簡単に済ませる事ができ、登録だけしておくとその日から全国の『いいオフィス』を利用することができます。
(現在16店舗展開、2020年3月に100店舗展開予定)

わざわざ個々に申し込みをしないでも、登録だけしておくだけでOKですし、使いたいときに申し込めばいいので本当に便利です。

プライベートで使う方が多いのも納得です!
スタートアップ企業やコミュニティを広げたい方、 営業で外回りが多い方などにおすすめのコワーキングスペースです。

公式サイトはこちらからどうぞ!


今回は今おすすめのコワーキングスペースについてご紹介しましたが、これを上手に使う事で一歩が社畜から解放されますね。
登録だけおけばいつでも使えるので、ぜひご参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました