1月に発表されるパワーハラスメント防止対策指針に期待したい

1月28日のニュースによれば、加藤勝信厚生労働大臣は、パワーハラスメント防止対策指針を1月中に作成する予定を明らかにしました。

これは昨年12月に、労働政策審議会の雇用環境・均等分科会が、厚労省が提示した指針案について、「おおむね妥当」と答申しているので、その内容を踏まえて作成されそうです。

2019年12月のパワハラ指針案とは?

では昨年12月の指針案とはどのような内容なのでしょうか?

2020年6月から大企業、2022年4月から中小企業にパワハラ防止策をとることが義務化される予定です。

またパワハラの定義を①優越的な関係を背景にした言動で、②業務上必要な範囲を超えたもので、③労働者の就業環境が害されること・・・と定義しました。

職場におけるパワーハラスメントとは、以下の3つの要素をすべて満たすものとなります。
なので、どれか一つだけ該当してもパワハラに該当しにくくなります。

【パワハラの定義】
職場におけるパワーハラスメントとは、以下の3つの要素をすべて満たすものです
① 優越的な関係を背景とした
② 業務上必要かつ相当な範囲を超えた言動により
③ 就業環境を害すること(身体的若しくは精神的な苦痛を与えること)
※ 適正な範囲の業務指示や指導についてはパワハラに当たりません

会社はパワハラ防止の措置を取ることが義務化

今後は会社として「職場におけるパワーハラスメント防止のために、雇用管理上必要な措置を講じることが事業主の義務となります。
(適切な措置を講じていない場合には是正指導の対象となります)
また職場のパワーハラスメントの定義や事業主が講ずべき措置の具体的内容等については、今後指針において示す予定です。
【雇用管理上の措置の具体的内容】
(現行のセクハラ防止の措置義務の内容を踏まえて今後検討)
▶ 事業主によるパワハラ防止の社内方針の明確化と周知・啓発
▶ 苦情などに対する相談体制の整備
▶ 被害を受けた労働者へのケアや再発防止等
これは現在、明らかにされている方向性ですが、おそらく「パワーハラスメント防止対策指針」でも、そのまま使われると思われます。

パワハラで定義される優越的な関係とは?

パワハラは優越的な関係を使って行われることを言います。
では優越的な関係とは何でしょうか?
「職場のパワーハラスメント防止対策に関する検討会報告書」においては、パワハラを受ける労働者が行為者に対して抵抗又は拒絶することができない蓋然性が高い関係に基づいて行われることで、例えば、以下の場合も含むとされています。
【優越的関係】
・職務上の地位が上位の者による行為
・同僚又は部下による行為で、当該行為を行う者が業務上必要な知識や豊富な経験を有しており、当該者の協力を得なければ業務の円滑な遂行を行うことが困難であるもの
これは上司は当然ですが、何らかの権限を持っている場合は同僚であっても、部下であっても、パワハラに該当する優越的関係となります。
権限好きなバカ上司は震えていろ!って感じですね。
社畜クラブとしては、1月末発表予定のパワーハラスメント防止対策指針に大いに期待したところです。
でも・・・社内で就業規則などを担当している本人がパワハラなどの当事者ならどうなるのでしょうか?
その部分の罰則はかなり厳しく明確にしてもらいたいところです。
タイトルとURLをコピーしました