【上司がサイコパス】サイコパスな上司への対策を徹底的に講じろ!

サイコパスな上司がいますよね?

あなたの周りにいますよね?

もしかして・・・それは直属の上司ですか?

それとも同じ職場にいる同僚でしょうか?

きっとサイコパスな本人は、自分で自分がサイコパスだと気がついていません。

(まあ基本的に口達者なやつはほぼサイコパス予備軍です)

今回はサイコパスな上司かどうかのチェック表と、サイコパスな上司対策をまとめました。

サイコパスの特徴とサイコパス度チェック

おまえサイコパスだろ?

上司にそう突っ込みたいところですが、まずは下のサイコパス度チェックで確認しましょう。

下の項目で、あてはまらない場合は0点、少しあてはまるのなら1点、大いにあてはまるのなら2点でチェックしてください。

全部で20項目あります。

  1. 口達者/表面的な魅力 → とにかく口が達者な上司、あー言えばこう言う奴
  2. 誇大的な自己価値観 → やたらと自分を大きく偉く見せたがる(自慢)
  3. 刺激を求める/退屈しやすい → なんでも始めたがる
  4. 病的な虚言 → 嘘つき
  5. 偽り騙す傾向/操作的(人を操る) → 研修とか教育とか好きなやつ
  6. 良心の呵責・罪悪感の欠如 → 人を傷つけても、是々非々とか言う奴
  7. 浅薄な感情 → 冷たい時は徹底的に冷たい
  8. 冷淡で共感性の欠如 → 二面性あり
  9. 寄生的生活様式 → 会社内で利用できる人を上手に利用する汚さ
  10. 行動のコントロールができない → 激高する、恫喝する
  11. 放逸な性行動 → いうまでもない
  12. 幼少期の問題行動
  13. 現実的・長期的な目標の欠如 → 目標がありそうだけど、夢物語が多い
  14. 衝動的 → 仕事においても思いつけば急に部下に命令
  15. 無責任 → 自分の指示で部下がミスしても知らないふり
  16. 自分の行動に対して責任が取れない → 自分のミスはもみ消す
  17. 数多くの婚姻関係
  18. 少年非行
  19. 仮釈放の取消
  20. 多種多様な犯罪歴

それぞれの項目は、0 – 2点で評定、総計で0 – 40点に分布する。

成人で30点を超えるとサイコパスとされ、20点未満であるとサイコパスではないとみなされる。

これは一般的なサイコパスの判定なので、後半の「非行や犯罪歴」はあまり関係ありません。

そう考えると、あなたが代わりに上司を採点して20点超えると、立派なサイコパスな上司です。

まあ点数なんて実はどうでもよくて・・・

ここに該当することが多ければ、サイコパスな上司って事です。

サイコパスな上司を一言で言うとこれ!

サイコパスな上司を一言で説明するとこうなります。

①とにかく自分の自慢が多い

②あれやこれやと自分の趣味や考えを押し付ける

③すぐに怒るし恫喝する

④自分のミスは部下の責任

この4っつですね!

ほら・・・いるでしょ?

あなたの隣のサイコパスな上司!

サイコパス上司の対策はこれだ!

サイコパスな上司って、表面上は仕事ができるように映るんですよね。

そんな化け物を相手にするのは大変ですが、しっかりと自衛しなくちゃいけません!

まずは【サイコパス上司対策】を教えます。

①あなたに同意する仲間を増やせ!(上司、同僚、部下)

②メモでも録音でもしっかりと記録を残せ

③会社のトップに直訴しろ

この三つが基本的な【サイコパス上司対策】です。

サイコパスな上司がいた場合のまとめ

サイコパスな上司がいると・・・いつかあなたが病気になります。

上のある三つの対策を徹底することが大事ですが、何よりも大事なのは・・・

あなたが心を鬼にする事です!

サイコパスな上司を責めると、その上司は会社での立場がなくなったり、その上司の家族も困ったり・・・

そんな甘い考えは捨てなさい!

相手(サイコパス)は、そんな甘い考えを持っていませんよ!

やらなきゃやられる!!!

この心構え!これが大事です。

サイコパスな上司がいるのなら、普段は普通に接しつつも、心の中では

憎んで憎んで憎み切ればいいのです。

そして仲間を増やし、しっかりと証拠を固め、働きがいのある職場に戻すことが大切です。

あなたは会社にとって良い事をしているのです。

口が上手く、すぐに激高し、時には部下を恫喝。

いつも自分の自慢話ばかりするサイコパス上司に鉄槌を!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました