スポーツ界でもパワハラ!B1島根の監督をパワハラで処分

社畜クラブへようこそ。
本日のパワハラニュースです。

B1島根の監督をパワハラで処分 日常的に選手らを侮辱

バスケットボールのリーグをBリーグというのですが、そのB1リーグの島根スサノオマジックの鈴木裕紀(ゆきのり)監督(42)がパワハラ行為を繰り返したとして、Bリーグから出場停止処分を受けたということです。

2カ月間の公式戦にかかわる全ての職務を停止する処分がその内容となります。

また、鈴木監督の行為を止めなかったり、必要な対応を取らなかったりしたなどとして、クラブに制裁金30万円、堀健太郎GMに制裁金10万円と譴責(けんせき)、篠原滋アシスタントGMに譴責処分を科した。

なかなか厳しい処分ですね。
スポーツ界は根性論や精神論が普通にあるので、パワハラなどは問題になりにくいと思っていましたが、しっかりと処分した様子で少し感心しています。

ここで素晴らしいと思えるのは「しっかりと処分」したことです。

その辺のブラック企業に見習ってほしいと思いますね。

気になるパワハラ内容はこうなっています。

昨年8月、鈴木監督についてリーグに通報があったという。リーグから指示を受けたクラブが第三者の弁護士に調査を依頼したところ、鈴木監督のパワハラ行為が認められた。

それによると、鈴木監督は、昨年7〜8月、スタッフが泳げないのを知りながら泳ぐことを強要したり、シュート勝負を強制して食事代を支払わせたりしたほか、日常的に侮辱していた。また、ある選手に対して解雇をほのめかしながらきつい口調でしかった。スタッフや選手は体調を崩したり、吐いたりすることがあった。
※朝日新聞より引用

ここで問題なのは、日常的に侮辱したり、自分の立場を利用して解雇をほのめかすことです。

すぐにクビと言うバカ上司

こんなバカ上司・・・あなたの会社にもいますよね?

自分の権限でおまえクビね!

そんなバカなことを平気で言うパワハラ上司・・・こちらのブログでも書いていますが、皆さんどんどん告発しましょう!
泣き寝入りなんてする必要ありませんよ!

不当解雇!いきなりクビと言われたらラッキーと思え!

これからもパワハラ撲滅のためにどんどん更新します。
応援よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました