言い訳されて相手にされないモラハラを追求する

職場でのいじめ嫌がらせモラハラになります。
ところがこのモラハラという代物は、人によっては「それはモラハラにならないでしょ?」や「それは普通の一般的な指導ですよ」などと、相手にされない心配があります。

その結果モラハラに対処してもらうために、会社に相談する気持ちを失ってしまいませんか?

でもそれは間違いです!
モラハラかモラハラじゃないかを決めるのはあなたではありません。

今回はモラハラがあった場合に諦めず対処する方法についてまとめてみました。

モラハラとパワハラの違いは?

そもそもモラハラとは、相手に精神的な苦痛を与えることを目的として行われるいじめや嫌がらせのことです。
簡単に説明すると、言葉や態度によって相手の人格尊厳を傷つけ精神的な苦痛を与える行為のことです。

パワハラとは職務上の地位や人間関係などの「職場内での優位性」を利用し、精神的もしくは身体的な苦痛を与えたり、職場環境を悪化させたりすることです。

なんだか似ていますよね?
でもモラハラとパワハラの違いを比較すると、隠れて精神的な嫌がらせをすることがモラハラです。
陰口や無視、わざとらしい注意などの陰湿的な行為がモラハラになります。
パワハラは上司が部下へ行うなどの、精神的、肉体的な直接的な攻撃部分となります。

モラハラは分かりにくいハラスメント

モラハラで問題なのが、周りにはわかりにくいハラスメント行為であるという事です。
ちょっとずる賢い人なら、本人しかわからないような嫌がらせをするので、いざモラハラだと訴えても、会社には通じない恐れや心配があります。

本人がモラハラだと感じればモラハラである

周りには説明しにくいモラハラは、何を基準にモラハラであるか?
もしくはモラハラではないのかを判断するのか?という部分が一番気になるところです。

でもモラハラかどうかをあなたが一人で悩んでも仕方がありません。
最終的には会社が判断して対処するのが理想ですが、だからといってモラハラを決めるのは会社ではなくあなたです。

あなたがモラハラだと思えば気にする事はありません。
まずはモラハラを証明するためにコツコツと証拠を集めましょう。

モラハラを証明する証拠集め

モラハラを証明するためには大きく分けて2つの証拠が必要です。

モラハラを証明するための二つの証拠
1.モラハラを受けていることが分かる証拠
2.被害が発生していることが分かる証拠

ではこの二つの証拠について詳しくご説明します。

モラハラを受けていることが分かる証拠とは?

モラハラを受けていることが分かる証拠は詳しく分けると3つになります。

モラハラを受けていることが分かる証拠
1.録音や録画
2.状況を記録したメモ
3.モラハラが分かるメールなどの文面

この中で1の録音や録画は、業務上の問題でスマホなどの録音機器を持ち歩くことができないこともあるし、いつモラハラが発生するのか分からないこともあるので、かなり難しいかもしれません。
また3のメールなど文面が残るようなモラハラは、ほぼあり得ないと思います。
ずる賢い相手は文面での証拠は残さない事でしょう。

なので、2の状況が分かるメモを詳細に残すことが大切になります。
いつ?誰が誰に対して、どのようなモラハラ発言をしたのか?
そうなった経緯は?と項目で分けて、しっかりとメモに残すことが大事です。

大変そうな作業ですが、項目に分けてやって見ると案外簡単なのでぜひ試してください。
ノートが面倒な場合はもスマホのメモ帳なども利用しましょう。

被害が発生していることがわかる証拠とは?

被害が発生している証拠とは、例えばモラハラで精神的な攻撃を受けた場合に、通院している精神科の診断書などが証拠となります。

モラハラを立証した後に相手に慰謝料を請求をする場合も、この被害が分かる証拠はかなり大事なものになります。

モラハラに対処する方法とは?

モラハラで困っている時に会社に対処してもらいたいと思っても、まともに相手にしてくれるのかかなり不安になると思います。

でも大事なのは、証拠をまとめて会社に伝える事です。
あなたが自分で判断して諦めるのではなく、証拠を集め会社に報告することが一番大事です。

それでも会社がまともに対応してくれないのなら、その職場はブラックです。
あとはそこで我慢して働くか?それとも転職するか?の選択になります。

おすすめの転職についてはこちらでも詳しく書いているので、ぜひ併せてご覧ください。
テレワークで新たに発生するテレハラやリモハラの2つの対策

陰湿な嫌がらせであるモラハラのまとめ

陰湿な嫌がらせであるモラハラは「これで会社が動いてくれるのか?」と不安になります。
でも問題は会社が動く動かないのではなく、モラハラに対してどんな対処をする会社なのかを見極める事です。

そんな理由で証拠を集めて会社へ相談しましょう。
それでも改善されないのなら転職するか専門家へ相談するかの二択のみです。

悩む前に証拠を集めて会社へ相談しましょう!
いや!自分は徹底的に叩かうんだ!ていう方は事前に専門家へ相談しましょう。

こちらでも詳しくまとめているので参考にしてみてください。
パワハラやモラハラで退職や転職を考えている人がやるべき事

 

タイトルとURLをコピーしました