パワハラやセクハラから守ってくれそうな芸能人はタモリさん

株式会社インプレッション・ラーニングが、男女1000人(20代~50代)を対象にハラスメント問題についての実態調査をした結果、ハラスメントから守ってくれそうな芸能人ランキングを発表しました。

芸能人のイメージは素の本人のイメージというより、テレビで観るイメージになりますが、納得する結果もあり意外な結果もあるので、参考までにブログでまとめてみました。

パワハラから守ってくれそうな男性芸能人総合ランキング

まずは男性芸能人のランキングです。

1位 タモリ
2位 ビートたけし
3位 阿部寛
4位 木村拓哉
5位 所ジョージ

兄貴肌的な感じで、さっぱりしてそうなおおらかなイメージの方が選ばれているので納得です。

パワハラから守ってくれそうな女性芸能人総合ランキング

次は女性芸能人です。

1位 天海祐希
2位 和田アキ子
3位 真矢みき
4位 篠原涼子
5位 米倉涼子

やさしいタイプが選ばれるかと思っていましたが、どちらかというと「強い女性」が選ばれています。

パワハラから守ってくれる芸能人の共通点

このアンケート結果から2つの共通点が見受けられます。
部下を持つ上司は参考にしてみるのもどうでしょうか?

相手の話を受け止める器の広さ

共通する部分と言えば「相手の話を聞く」そして「悩みを受け止めてくれる」という部分です。

部下の話を「そんなことはたいしたことがない!」なんて切り捨てたりせずに真摯に受け止める器の広さと、笑い飛ばしたりしてアドバイスをくれるイメージですね。

自分の生き方にしっかりとした軸がある

次の共通点は、自分の生き方にこだわりがあり、またしっかりと実績を残している部分です。
仕事もできて自分のスタイルもある、その上で上から目線にならず、無駄に自慢もしない部分が評価されているようです。

アンケートから分かる上司像

アンケート結果を見ると理想の上司像が見えてきます。

自分の生き方やスタイルがしっかりある。
部下の話をしっかりと真剣に聞く。
明るく楽しくアドバイスして元気づけてくれる。

言葉にするとあたりまえのことですが、アンケート結果を見ると自分がそうできているのか少し考えてしまいますね。

テレワークをされている方はこちらの記事も併せてご覧ください。
在宅勤務の制度化間近!テレワークでの監視やテレハラの2つの対策

タイトルとURLをコピーしました