LINEなどのSNSを使った代表的なソーシャルハラスメントとその対策

最近はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使った無自覚なパワハラが増えています。

SNSとは明確な定義はありませんが「交友関係を構築するWebサービス」というくくりで、FacebookやTwitter、Instagram、そしてLINEなどもSNSに入るとされています。
でもこのようなSNSは元来個人利用が目的ですよね?

しかしLINEなどはメール替わりで利用できる便利さもあって、連絡用に使ったりしているので、会社やとくにバカな上司は勘違いして「業務用のグループ管理の目的」で使ったりします。
もちろん既読が付かなければ怒ったりします、個人のLINEアカウントなのに。

今回はSNSでよく見られる代表的なパワハラとその対処についてまとめます。
SNSのパワハラで悩んでいる方、SNSを業務で利用している会社の上司、今後のためにもぜひ参考にしてください。

SNSを使った代表的なパワハラ

まずSNSを利用した代表的なパワハラをご説明します。
メールや直電よりもLINEなどのSNSを利用するほうが、会社にとっても働く社員にとっても便利なことが多いので、SNSの業務での利用についてはあり得る話です。

業務時間外にSNSでの業務指示

ところが業務時間や休日に関わらず、上司がSNSから仕事のメッセージがありその対応をしなくてはならない…などの話はよく聞きます。
例えば有給休暇中なのに、上司がそれに気が付かずにLINEで業務の指示を行ったりすると、部下の「せっかくの休日の楽しい気分」が吹っ飛びます。

いいねやコメントの強要

それ以外でもFacebookやTwitterなどで、上司がSNS上にアップした記事への「いいね!」や「コメント」の強要もハラスメントになると言われています。

個人のSNSなのに業務での利用を強要

またLINEやTwitterなどを仕事で利用することを強要したり(取引先とLINE交換の共用)、SNSのプロフィールや書き込みなどで、何かと注文を付けたり監視したりなどの心理的なプレッシャーを与える行為もパワハラになるとされています。

SNSを使った仲間外れにも要注意

ここ最近ではSNSを使った仲間外れなどのモラハラも目につきます。
公開範囲を意図的に限定して、いじめる相手だけ公開しないなどのモラハラ。
SNSのグループトークを使った晒上げやいじめなどもあります。

SNSのハラスメントの対応

元々SNSは個人での利用が目的とされています。
ところがFacebookなどでは「実名制」などが求められていることもあり、嫌でも自分と関係がある人との繋がりが発生します。

FacebookだけでなくTwitterやLINEなどでも公私混同が発生すると、それこそ完全なソーシャルハラスメントとなります。

ソーシャルハラスメントに対する個人の対処

ソーシャルハラスメントに対しての個人の対処としては、下記のような対処が良いと思われます。

Facebook⇒上司に対しては「プライベートの内容しか投稿してないので頻繁にチェックしていません」と説明をして理解を求める。
また「公開範囲設定」を行う。

TwitterやInstagram⇒完全な個人用アカウントを作成して「複数アカウントの使い分け」を行う。

LINE⇒仕事関連の連絡は基本的に社用メールにしてもらう。

ソーシャルハラスメントの会社側の対応

Facebookは「公開範囲設定」を推奨して、社内の人間に見せない設定を推奨する。

TwitterやInstagramは個人利用ということを社内で徹底する。
とくに公私混同しがちな上司に対して徹底的な指導を行う。

LINEは便利な連絡用として利用は可能だが、緊急連絡以外での業務連絡以外の利用や、休日や業務時間外の利用は厳禁とする。(社内ルール作り)

SNSを利用したパワハラのまとめ

人が人と直接接する時代と違って、今後はテレワークを中心とした働き方や、SNSを便利に活用した働き方がどんどん増えてきます。

新たな働き方やスタイルに合わせて、社内でのハラスメント対策もどんどん進化させる必要があります。
会社も上司も便利だという理由だけでSNSの公私混同せずに、仕事関連の連絡などは基本的には仕事用の電話や通信手段、そしてメールなどを利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました