【無自覚の暴力】職場のパワハラに徹底的に反撃する方法

パワハラ!

職場のパワハラは大小の差はあれど、誰にでも経験がある事です。

自分の昔話や武勇伝を持ち出して、「寝る間もなく根性で仕事しろ!」だとか「毎朝100回挨拶しろ!」とか・・・もう頭がおかしいのか?と思いません?

今回はそんな頭の変な上司のパワハラと、その対策についてまとめます。

自分の価値観を押し付けるのがパワハラする人の考え方の基本

パワハラをする上司のタイプはほぼ決まっています。

まず一番にプライドがやたらと高い人です。

2番にもプライドが高い人です。

でも自分のプライドが高いとは思ってもいません。

表には表しませんが心の中で・・・

自分は仕事ができて、ここにいる人より賢い!

そんなタイプの人が多いです。

【パワハラ上司の価値観の押し付け例】

①心が弱ったら運動しろ!俺がそうしてるから!

②偉人や何かの本の名言を例にして、自分の意見を正当化して押し付ける

③あいつ(他の社員)は、使えない奴だ(他人の悪口や批判が多い)

④自分が企画すればすべて成功するから言われた通りしろ!(でも責任は取らない)

⑤酒が飲んで腹を割って話すべき(酒を飲むことが美徳と思っている)

⑥酒の席では自分の武勇伝ばかり話す

⑦これは俺が買って使ってよかったから、おまえたちも買え!と好みを押し付ける

⑧ 自分は偉そうだが、他人には謙虚さを求める(自分の言う事を聞いて欲しいから)

⑨酒を飲むなら〇〇、曲を聴くなら〇〇と、やたらと自分の好みを押し付ける

他にも色んな例がありますが、基本はすべて同じです。

自分の価値観を押し付ける事が大好きな人が頭の変な上司です。

パワハラの具体的方法

パワハラには色んなやり方があります。

信じられない事ですが「ビンタしてやった!」とか暴力をするだけじゃなく、それを自慢する頭のおかしい上司もいます。

暴力は当然犯罪です!

そんな場合は、即、警察に行っていいですよ

それ以外にも、業務時間外に・・・

「今から俺のところへ来い!」・・・これもパワハラです。

俺の家で酒飲もう!今から酒飲もう!・・・これもパワハラです。

そしてパワハラ上司のすべてに共通するのが・・・

自分は部下とコミュニケーションが取れているから大丈夫なんだ!

・・・って意味の分からない、頭がとうとう煮えたか?っていう勘違いです。

おまえとコミュニケーションなんてねえよ!

すぐ怒るし面倒だから会話を合わしてるだけ!

これが本音ですよね?

パワハラの対処法

特定の上司からパワハラがあった場合は、悲しい事ですが・・・また必ず同じ上司から同じことが繰り返されます。

パワハラ対処法

まず反論して、聞き入れなければ我慢する

なので、パワハラに対してその場で反論しても収まらない場合は、まずはいったん引きましょう。

ここは我慢です。

次のパワハラに備える

一度あることは永遠に繰り返されます。

一度くらいなら・・・と我慢せずに、しっかりと次の準備してください。

・いつでもメモを取って記録を残す(日付や内容、そこにいた人を記録)

・できれば録音や録画する

このように地味な作業ですが、反撃の準備をしてください。

反撃するなら勝てる勝負をしないと意味がありません!

パワハラ上司以外の上司へ相談する

パワハラするアホ上司以外の人へしっかりと相談してください。

可能なら会社のトップへ直訴も考えましょう。

その際にしっかりと、②で用意した資料を見せる事が大切です。

そうでない場合は「キミにも問題があるのでは?」と聞き流される可能性があります。

④労働基準監督署への直訴

上司へ相談して解決しない場合は、は労働基準監督署への直訴です。

【労働基準監督署への通報の仕方】

労働基準監督署で相談員と話をするのが普通のパターンですが、方法は大きく分けて三つあります。

1.直接、労働基準監督署を訪問して通報する
2.労働基準関連情報メール窓口にメールして通報する
3.労働基準監督署に電話して通報する

一番いいのは直接、労働基準監督署の『総合労働相談コーナー』という相談窓口で相談することです。

直接相談が難しい場合は、下記のメールで匿名の通報も可能です。

www.mhlw.go.jp

ただし匿名メールでの通報は、実行力はそこまでありません。

最終手段

パワハラ解決の基本は「当事者同士で解決」その次に第三者を交えての解決です。

労働局長による助言や、会社への指導があっても解決しない場合は、社内での解決が難しいと判断され、その時は第三者解決機関による解決が選択されます。

これは裁判などとは違います。

実は無料で申請することができる紛争解決制度なので、安心して相談して利用してください。

こういった解決方法も労働基準監督署でアドバイスしてくれます。

最終手段は相談した上で決めましょう!

職場のパワハラ対処のまとめ

まず困ったら、この下の画面のモニターを上司にも見えるように写した状態にしておくのも一つの手です。

おまえのしてることはパワハラだ!

訴える準備してるからな!

もし・・・何見てるの?って聞かれたら

何か偶然このサイトが開いたんで少し見ていました・・・と答えてください。

最後に・・・パワハラかどうかは上司が決める事ではありません。

あなたが決める事です!

脱社畜のために頑張りましょう!

こちらの記事お併せてご覧ください。
テレワークで新たに発生するテレハラやリモハラの2つの対策

コメント

タイトルとURLをコピーしました