就業規則に威圧的な叱責などのパワハラを明記するからアホ上司は怯えてろ!

厚生労働省の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の分科会が、今後は職場内での威圧的な叱責などはパワハラになるよ!と、就業規則にも明記する必要があるって事を企業に義務付けました。

当然ですよ!
よくやった厚生労働省!

これでバカなパワハラ上司はどんどん追いやれれます。
でも「威圧的叱責」とは、どんなことか気になりませんか?

今回はパワハラの具体的な6例を挙げて来たので、早速整理してみます。
「精神的な攻撃」「人間関係からの切り離し」など、ハッキリしないパワハラで困っている方必見です!

他人の前で大声で威圧的な叱責を繰り返す

これは今後明確なパワハラになりました。

「こらぁ!何でこんなことで失敗するんだ!」
「おまえ、今からすぐ来い!バカやろう!」

こういった威圧的で大きな言葉での言動があればパワハラです。

人格を否定するような言動を行う

おまえ頭おかしいだろ?
絶対に性格悪いだろ?何考えてんの?

これも明確なパワハラです。

そんなバカな上司いますよね?
そんなバカ上司には・・・

おまえパワハラしてるぞ!って言い返しましょう!

意に沿わない労働者を仕事から外す

バカな上司は、自分の言う事を聞かないからと言って・・・

じゃあおまえ他の仕事しろよ!
おまえ今の仕事だと必要ないじゃん!

こんなアホ上司いますよね?

完全なパワハラです!

殴打、足蹴りを行う

これはもう論外ですね!

ただね・・・バカな上司はこう言い訳します。

言葉の暴力も殴るのも暴力は同じだろ!

本気で言っているのか言葉を疑いますよね?

ここまで来ると・・・パワハラと言うより性格にかなり難ありですね。
もうサイコパスな上司になります。

こちらの記事も参考にししてください。

上司がサイコパス!サイコパスな上司への対策を徹底的に講じろ!

性的指向などの個人情報を了解を得ずに暴露する

これは当たり前のようですが、例えば個人的な趣味で「鉄道写真が好き」とかも、勝手に職場の仲間に言いまわされたらパワハラです。

今までは平気で言い振り回されていましたよね?

あいつ休みの日はキャバクラに言ってるらしいぜ!

これはパワハラです。

なんだか窮屈な気もしますが、でもね・・・職場は職場です!
このようにしっかりと線を引くことが大切です。

バカな上司はしっかりと追い詰めましょう!

転職でお悩みの方はこちらの記事も併せてご覧ください。
脱社畜後に失敗のない転職先選びでおすすめの2つのサイトをご紹介

タイトルとURLをコピーしました