人事考課という名の「評価者によるパワハラ」の三つのパターン

人事考課もその評価者の上司によっては、部下に対しての激しいパワハラになる場合があります。

部下の人事評価をする権限を、なにか自分が神様になったように勘違いする奴いますよね?

いるでしょ?

おまえは神か?

現場の事も知らずに、ましてやその仕事の経験もないのに評価するやつがいたら・・・バカらしくて聞き流していいですよ!

(たまにいるんです、そんな上司)

カレーライスを作ったことがない奴が、カレーライスを作る人を評価するのっておかしいでしょ?

まあそれが、立場上仕方がないのなら・・・

おとなしく人事考課を終わらせろ!

そう言いたいもんです。

評価者ほど謙虚になれ!

そうも言いたいです。

今回は人事考課という名目でのパワハラの三つのパターンと対策をまとめます。

バカな人事評価者は自分で自分の事に気がついていないもんです。

(大体のパターンが自分は実力があると勘違いしています)

人事考課という名目で精神論を押し付ける

俺の言う事を聞かない奴は評価下げるね!

こんなセリフを吐く上司はいませんか?

それはお前の仕事だからできないなら職場換えたら?

こんなことをいう上司はいませんか?

人事評価を盾になんでもかんでも強制したり、評価の場がいつのまにか「精神論の押し付けになる」ことはありませんか?

目標達成できなければ強く責めまくり、具体的な対策をアドバイスするでもなく・・・

理念だ!

考え方だ!

精神論ばっかり・・・こんなバカな上司の人事考課は、聞き流していればいいです。

まったくもって時間の無駄です。

「はいはい」と答えながら、今夜の飲みの事でも考えましょう。

そんな演説なんか聞く必要はありません。

人事考課なのに説教をする

人事考課の場って説教の場じゃありません。

淡々と評価をする場です・・・なのに説教をするバカな上司はいませんか?

説教による、精神的な攻撃(脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言)などは、ただのパワハラです。

そんな上司には腹の中で、おまえがしっかりしろよ!と思っていいです。

とりあえず人事考課の場は静かに流しましょう。

仕方がありません。

自己顕示欲が強く

自分の自慢が多く

すぐにヒステリックになる

バカな上司なんだからまともに相手するだけ無駄です。

できればメモを取るふりをして、相手の暴言などをしっかりと記録しておきましょう。

人事考課なのに自分の自慢をする

人事考課の場で「自分はこんなことをしてる」などと、自分の私生活や仕事をやたらと自慢するアホ上司はいませんか?

人事考課の場なのに、いつのまにかアホ上司の武勇伝の場になるというバカらしさ?

人事考課まったく関係ないし!

おまえの自慢話なんか関係ないし!

基本的にこういった上司は「サイコパス上司」ですね。

サイコパス上司については、こちらの記事も参考にしてください。
上司がサイコパス!サイコパスな上司への対策を徹底的に講じろ!

人事考課時には必ずメモを取れ!

人事考課での三つのパワハラパターンをまとめるとこうなります。

①やたらと精神論を押し付ける

②人事考課の場で説教をする

③評価者が自分の自慢話ばかりする

このようなパワハラの人事考課の対策として効果的なのは、評価時にメモを取ることです。

バカな上司のありがたくないお言葉を聞いてるふりをして、しっかりとメモに残しましょう。

これがいつかパワハラの対策時の重要な証拠となります。

パワハラに対しての泣き寝入りは不要です!

どんどん仕返ししましょう!

人事考課という場を利用して、好き勝手にする上司は徹底的に追い詰めましょう!

ただし、まずは証拠固めです。

人事考課の場では、ここぞとばかり好き勝手な発言をするので、しっかりとメモを残しましょう。

それに合わせて、業務中の暴言や行動をメモに残し・・・その上で上申書です!

自分の自慢をして、ヒステリックに暴言を吐く上司を許してはいけません!

転職でお悩みの方はこちらの記事も併せてご覧ください。
転職先選びで絶対に失敗しないためにおすすめな2つのサイトをご紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました